• HOME
  • 仕様・構造・保証

SPEC

仕様・構造・保証

常識を超えた高性能断熱仕様

寒い冬でも快適な生活を送って頂けるように、断熱性能にこだわった建築をしています。
また山陰地方の特徴である湿気の多さによる結露、結露によるカビの発生を徹底的に防ぐための工夫をしています。

  • 1. 第一種換気

    ダクトを必要としないため、設計・施工面での自由度向上や工事費の削減などを実現することができます。よりクリーンで快適な住環境をつくる新時代の住宅のスタンダードとなりえる画期的な【呼吸型熱回収換気】システムです。

  • 2. 高断熱・耐震ゼロエネパネル

    優れた断熱性を発揮する高性能ゼロエネパネルは、湿気に強く、35年の無結露が保証されます。さらに構造用合板OSBが一体化された壁倍率5倍のパネルが高い耐震性を実現します。

  • 3. 断熱ガス入り樹脂サッシ

    断熱性能を基準より大幅に上げる断熱ガスを注入されたサッシです。冷暖房のエネルギーを大幅に抑えされます。そんな環境性能とデザイン性を高い次元で兼ね備えた、新しい樹脂窓です。

  • 4. ゼロエネエアー

    安全な空冷式ヒートポンプを使った次世代の床下空調システムです。極力シンプルにすることで合理性を高め、イニシャルコストを低く抑えています。家計の負担も少なく、低コストで全館冷暖房&24時間空調システムの導入が可能です。

※選択した商品によって仕様の内容は、異なります。

第一種換気 ドイツ生まれの新しい換気システムで、心地よく深呼吸する家へ ダクトレス呼吸型熱回収換気システム

熱エネルギーを回収することで、冬は冷たい外気が暖められ、室内に取り入れられることで暖房費の節約に。
夏は外気が冷やされて室内に取り入れられるので冷房費の節約になります。

2台1組のファンが1台は給気、もう1台は排気を行い、70秒毎にそれぞれのファンが同時に反転する事で、給気と排気が切り替わります。
排気側は、蓄熱エレメントに熱を蓄積しながら、吸気側は蓄熱エレメントから熱を回収しながら換気を行い、新鮮な空気に入れ替えることができます。
あたかも建物が呼吸しているような換気システムです。

ゼロエネパネル 木造最高レベルの壁の強度と高性能ウレタン断熱材により高い耐震性能と省エネ化を実現

高断熱:充填断熱100mm厚の高性能ウレタン断熱材

優れた断熱性を発揮する高性能ウレタン断熱材

断熱性は、断熱材の性能と厚さで決まります。ゼロエネパネルで使用している硬質ウレタンフォームの熱伝導率はλ=0.026(断熱材区分E)の高い断熱性能を保持。ゼロエネパネルの100mm厚は、グラスウール(16kg)の173mm厚に相当し、柱の厚みを最大限活用できる魅力があります。

高耐震:木造最高レベルとなる壁倍率5倍パネル

耐震性を高める「壁倍率5倍」高倍率パネル

住宅の耐震性能を高めるには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。ゼロエネパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、「壁倍率5倍」の高倍率パネルを実現。「壁倍率2.5倍」パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置できます。

ゼロエネパネルによる面材工法で、耐震性をアップ

一般的な在来工法の場合は、柱や筋かいに大きな力が集中して、建物がねじれやすくなりますが、ゼロエネパネルを使用することによって、壁面(OSB)面材が一体となり、力が分散されるため、地震に強くなります。

断熱ガス入り樹脂サッシ 窓表面と室温の温度差を緩和して、窓辺のヒンヤリ解消 室内の温度差を緩和した、快適な暮らし

断熱ガス入り樹脂サッシなら、ZEHの基準をクリアしやすく、快適に

断熱ガス入り樹脂サッシなら、床面積や窓サイズなどの間取りに左右されず、ZEHの基準をクリアしやすくなります。さらに、断熱ガス入り樹脂サッシはフレームとガラスの断熱性能のバランスが良く、結露などが発生しにくいので、快適な室内環境を生み出します。

ゼロエネエアー 快適をコントロールする、床下蓄熱冷暖房システム 一年を通して、生活全体を心地よく

ゼロエネエアーのしくみ

床下蓄熱冷暖房システム

床下空間を最大限に活用し、床全体と室内を同時に冷暖房します。基礎コンクリートを蓄熱層として利用することで、無駄の無い熱利用を可能にします。

体にやさしい

床全面からの幅射暖房で、家全体が同じ温度で温められます。急激な温度差から生じるヒートショックの心配もありません。キッチン・リビングから、玄関、トイレ、洗面所まで、快適にコントロール。足もとはぽかぽかで、頭はスッキリ。体にやさしい暖かさです。

  • ゼロエネエアー

    温度差が無いので、ヒートショックの
    心配がありません。

  • 床暖房とエアコン

    部分暖房による温度差から、ヒートショックが起きる危険性が高い。

  • ※左図は、暖房イメージです。外部温度環境、室内設定温度、住宅面積、住宅性能により異なります。

家計にやさしい

週間スケジュールタイマー機能を、標準装備しています。設定した曜日、時刻、温度に合わせて、運転の開始・停止が可能です。それぞれの生活パターンにあった、効率的な運転が行えます。また、家にいる休日など、設定温度の変更もお任せください。

地球にやさしい

空気を利用して熱エネルギーを生み出すことのできる、ヒートポンプ方式を採用。
電熱器やガス、石油ヒーター等の燃焼式暖房に比べ、CO2の排出量を大幅に削減しています。

災害から家族を守る安心の構造・工法

地震などの様々な災害に耐久性の高い家を作り上げるために大切なのは、家の基礎と構造です。
ロハステージでは、すべての家に「ベタ基礎」し、家の底板全体を頑丈な鉄筋コンクリートで支えると共に、湿気やシロアリの侵入を防ぎます。
さらには、構造材には天然の無垢材を使用することで、頑丈な住まいを築きます。

  • 安定した構造を実現する基礎
  • 必要に応じた地盤補強を実現
  • 無垢材を活かす「伝統木軸組工法」

耐震等級3相当の強い構造が家族の安全を守ります

「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐久性

地震に強い構造はここが違います。

  • 大自然で育った身体に優しい
    安心ヒノキの天然木構造材

    構造材とは、建物の骨組みとなる材料です。自然界のあらゆる荷重を想定してしっかりとした強度を持つ天然木のヒノキを使用しております。

  • “横揺れ”にも強い
    剛床工法を採用

    1F、2Fとも全床面に、28mm厚の構造用合板をはり、剛床構造としました。これにより、建物全体のゆがみやねじれを防止し、家の倒壊の原因となる“横揺れ”にも耐えることができます。

  • ベタ基礎を標準採用

    鉄筋コンクリートのベタ基盤を採用。これにより、家全体をしっかりと支え、地震の揺れにも耐えられる強固な家を実現します。

  • 外壁内、床下通気工法

    家全体で外気を循環させ、外壁内または床下の“湿気”を防止します。これにより、家の寿命をより延ばす事になります。

ロハステージの家づくりが驚くほどよくわかる!無料カタログ請求はこちら