STAFF BLOG

スタッフブログ

2018.05.16

飛行機雲☁

おはようございます。設計部の根鈴です。

先日、空を見上げると飛行機雲を見つけました。

昔聞いた飛行機雲で天気が分かるのは、早く消えると次の日雨だったかな?晴れだったかな?(。´・ω・)?

と思いながら、雲を目で追いかけると雲を作っている飛行機も発見できました。

 

飛行機雲が見られるようになったのは、今から60年程前。

この頃から、飛行機が、高い空をかなり速いスピードで飛べる様になったから。

それまでは、そんな高い空を飛ぶ飛行機はなかったので、飛行機雲もできなかったそうです。

(今は普通に見られる飛行機雲ですが、初めて見た人はビックリしたんでしょうね!Σ(・ω・ノ)ノ!)

 

飛行機雲ができる場所は、地上から約6000m以上の空。

気温もかなり低い為、その辺りの雲はほとんどが氷の粒で出来ています。

そんな上空を飛んでいる飛行機のエンジンから出る水蒸気は全部氷の粒になり、

それが地上から見ると白く雲のように見えるそうです。

 

飛行機雲で天気予報は出来るのか?という私の謎を調べた所!

出来る為の条件は気温が低く、湿度の高いことの二つだそうです。飛行機雲がすぐに消える場合は、

上空が乾燥しているため晴天が続き、雲がなかなか消えない場合は雨が降るのが近いと言えるそうです。

へ~!へ~!(=゚ω゚)ノと調べてスッキリした根鈴でした。